Take Your Time

仕事や研究、コンピューターとの付き合い方

Django + Docker + Google Map Javascriptで開発をしてみた。 1ヶ月かかるかと思ったが実働1週間程度でかなり進んだ。 DockerはUdemyのこれ、Djangoはこれとこれが役に立った。 Google Map Javascriptは公式のsampleと無数のウェブサイトが参考になった。 …

論文の売り方

査読者はその論文しか見ない。従前の議論なんかフォローしてないのでself-containedにする 読んだらわかるやろ的な態度はNG。わかってほしいことはちゃんと書く

ブラックダリア

馳星周が推薦していたエルロイを読んでみた。複雑な話でついていくのが面倒だが、少しついていけないくらいが面白いのかもしれない。バディがおかしくなり、主人公もおかしくなる。しかし、周りもそれ以上に狂っていたことが明かされる。 子供の時に読む小説…

不夜城

数年前から小説を書きたい欲が再燃して筒井康隆や三島由紀夫、貴志祐介、大沢在昌などの小説の書き方本を読んだり、なろう系で小説を書いたりしていたが、石田衣良の小説講座をYoutubeで見てさらにのめり込むようになってしまった。 石田が鮨千していたのが…

2回目 当日夜までは特に変化なし 翌朝普通に目が覚める。37.8度 PLを飲む ここから、倦怠感マックス 昼38.9 夕38.6 多少マシにPL入れる 翌朝37.1 ようやく動く気になる その後、頭痛と倦怠感が残りほとんど使い物にならず

コロナ対応の迷走を見るにつけ、勝手な妄想ではあるが、理性的に経済と感染症対策の両立を追うより、ひたすらヒステリックに感染症対策もしくは経済を追求したほうが国民はついていきやすかったのかもしれない。 両者の追求だと政権の中でもどこがラインかを…

今後のキャリアについてたまに聞かれるが、自分でも明確に次の業界を決めているわけではない。 ただ次のステップに進むために必要な条件は実績であること以外にない

ワクチン接種備忘録。 1日目は特に変化なしと思ったが夜に急に眠くなり早め就寝。ただ、前日3時くらいまで起きてたのが理由かも。 2日目、頭痛倦怠感で夕方少し横になる。熱は測ってないがなさそう。夜には落ち着く

少し体調悪化。まだ36度台だが倦怠感が少し

ヴァールシュタイナー

http://www.warsteiner.jp 自分の中のフェイバリットであるニューキャッスルと似たような透明感のある喉越し。

吟蘢

米が入ったビール。ホップ多めで苦いんだけど米のせいかスッキリな苦さ。よい

コミュ力って何やねん

「コミュ力」が信奉される世の中である。国の審議会の茫洋とした議論で使われるのはどうでもいいが、鋭い議論を展開すると評価されるような人も使っている。 結婚市場では見合いシステムが崩壊し、労働市場では上司ー部下関係が崩壊し自発的に動ける人間が評…

現代日本の父たち

なんて書くと渋沢栄一や本田宗一郎のことかと思われるかもしれないがそうじゃなくて2021年のパパのことたち。 ミルクやり、オムツ替えは当然やれて、皿洗いだって掃除だってできるし、なんなら妻より料理がうまい。 体力もあるから育児も家事も仕事だってこ…

インターンの受け入れを除けばずいぶん長いことindividual contributorの気楽さを味合わせてもらったが、4年ぶりくらいに育成に関しても責任を持たなければならなそうだ。基本的に優秀な人たちなので、わかりやすく目指すべき方向を繰り返し伝えて共有するこ…

分析もマイクロサービス化するべきなのかもしれない

データとってくる簡単なスクリプトとかをたくさん書いておくとあとで自分が助かる アドホックな分析が多い仕事だけにスクリプトの種類は多ければ多いほどいい これをjupyter notebookに分散させておくよりどこかにまとめておくほうがいい

体調復活後も集中できない日々が続いた。いろいろ変化があったこともあるし、いろいろ力を使い果たしたこともあるし、少し余裕が出てきたこともあるしで、ひたすら現実逃避をしていた。 昨年の夏頃においた長期的なプランをとにかく実行に移して力を尽くして…

36度台前半に。

36度台後半〜37度。まだ倦怠感あり。bpmが高め。これは昨年2月と同パターンだが、今回の方が高く長い。パルスオキシは安定して99

昨日から平熱に戻るように。パルスオキシは98~99

引き続き体調悪。37℃後半。昨年2月末に同じように花粉症っぽい症状から発熱していた。当時はアメリカ帰りだったがまさか。。

立て直し

昨年末から2月頭くらいまでに論文を投稿しまくって、その後、家の立て直しでワンオペ育児が続いてようやく落ち着いたら倒れた感じ。花粉症だったのか風邪だったのかはよくわからず。とりあえず寝たらすっきりした。少し立て直していく

久しぶりにダウン。アレじゃなければ良いが。。

なぜデジタル政府は失敗し続けるのか

ざっと読んだ。数十億円というオーダーで金をかけてシステム開発断念した特許庁や京都市の例など悲惨という印象を強く持った。ほとんどの問題で通底するのは、発注者が発注能力がないという点。それはそうで、コードを一行も書けない行政官に仕様書を書けな…

ロールモデル

ある人にロールモデルだと言われた。似たようなことは何回か言われたことがあるが初対面の人に言われたのははじめてで、むず痒い感じがした。 自分のキャリアは自分から見ても面白いのだが、あまり世間からはそう思われていないという自覚があり、もっと面白…

ざっと一気読み。 いわゆる構造改革派の「冷たい」経済学者に思われがちな鈴木氏だが、読んでみると自身の日米両国に渡る保活の苦労を起点に保育所問題に取り組んでいるなど実はアツい感じだった。 気になった点 鈴木氏はとにかく公立の認可保育園をシバいて…

産学連携の話

産学連携というのは一目美しい。公の目的のために、産業界がカネや資源を提供し、知恵のある研究者がそれをつかって研究する。もしくは、研究者の知見を産業界が応用して公に利益に役立てる。 半導体の開発や新しいモビリティの開発、地方創生のための農作物…

アルツハイマー征服

久しぶりに一気読みした本。アルツハイマー征服は遠そうだが着実に病理の解明には近づいている。 気づいたこと 実験と解析、そして意思決定の大変さ。この点でもっとも進んでいる医学ですらコードミスや矛盾する実験結果、実験にまつわる倫理的問題に振り回…

タクシードライバー

生酒はぐいぐいいける系が多いがこれもご多分に漏れず。 ちょうどいい甘さと酸味とアルコール感。濃いんだけどごくごくいける。 ◇喜久盛 タクシードライバー 純米生原酒 仕込みニ號 1800ml | 佐野屋 JIZAKE.COM

理想的に時間を使うためになにもしない

こういう系の本ばっかり読んでいるが、時間配分が悩みなので仕方ない。 概ね知っている内容だったが、ひとつ面白かったことをあげる。 事前に計画したとおりにタスクをこなそうとしてもやる気が起きずにだらだらすごしてしまうことはよくある。 そういうとき…

複数論文を同時に出すのは考えもの。 - コンテクストスイッチのコストが半端ない - 単純に追い込みの時期に時間が1/2になる ただし、一つの論文はメインじゃないとか、一つの論文は改訂版とかならよいかも