Take Your Time

仕事や研究、コンピューターとの付き合い方

st.selectboxやst.radioとグラフを連動させる

streamlitアプリでユーザーの選択によって表示するグラフを変えたい。 例えば、selectboxやradioにはon_changeという引数があるので、 def draw(item_name): ax.plot(df.query(f"item == {item_name}")) return ax item_name = st.selectbox(item_name, opti…

リスクリターンがみえてないからマイクロマネジメントになる

リスクの小さい仕事なら部下に投げれば良い。失敗させれば成長につながる。 リスクが大きいなら自分がやれば良い。やらせておいて口を出すのは非効率

役人とベンチャーの違い

あまり役人論は言いたくないんだけどまあ五年も経ってるからいいか。 決定的な違いは「勝手にやる」ことへの評価だと思う。これは180度違い、何をやるのも俺に把握させろ、勝手にやるな、俺が決めたという形をとらせろというのが役人で、うまく行くなら勝手…

多重検定

R

割と簡単だったのでメモ とりあえず multcomp をインストールして、aov で分析して一旦Tukeyで検定してから補正をかけるイメージ。 Shafferが強いと思っていたが、もっと強いのがWestfallだった res.aov <- aov(outcome ~ treatment, data = df) res.tukey <…

delma.hatenablog.com ヘロドトスが2000年以上前に言ってた Of all men’s miseries the bitterest is this: to know so much and to have control over nothing.

PM業の感想

とにかく頭の中を出すことが仕事 お前の考えてることなんか誰もわからん しゃべりが下手だから説明されてもわからん 絵でも文章でもいいからとにかく書け できれば絵の方がいい できれば詰まっている方がいい 書けないならとりあえず話すのもあり いろんな人…

free guy

発想が相当面白い。現代的な視点は非常に素晴らしい。今年ベスト。

インターステラー

みようと思ってたがなんとなく重そうな気がして放置してしまっていた。メッセージっぽい時間を扱ったSF。完成度は高いと思うが最後の方はかなりご都合主義でファミリー向け感。

若いとき思想の強い頑固親父を見てはなぜそういう態度を取るのだろうと思っていたが、40近くなると世の中の不条理、理不尽の根源と自己では解決できないという焦燥感が大きくなってその上で自分にできることが明確になりそれ以外のことに力を使ったり媚びへ…

ダウン。調子に乗って働きまくってたら熱が出た。

Amazon.co.jp - 核兵器について、本音で話そう (新潮新書) | 太田 昌克 |本 | 通販 この手の本を読破したのは10年ぶりくらいだろうか。 馴れ合いかと思いきや、最後の方は独自核武装までいかずとも核シェアリングはすべきという兼原氏とあくまで核軍縮派の太…

すべてROIで考えるハードな経営者目線と心理的安全性のような従業員目線のソフトな世界観はどう折り合いをつけるべきなのか

なんとなくだが、絶不調→やる気回復→ピーク→疲れて調子が下降、というサイクルを繰り返している気がする 絶不調のときよく寝るのと同時に頭をドーパミンで満たすような楽しいことをする必要がある気がする

目標

結構前から思っていたことだけどマネジメント仕事がさらに増えそうなので改めて - とにかくシンプルなコミュニケーション - しゃべる量を減らす - 逡巡しない - 直接的に話す - 決める - 怯えない

リゼロ

不調につきアニメ浸り。 前から気になってたリゼロを一気見してみる。 無職転生に似てるがより苛烈な演出で泣ける。 主人公を容赦なくズタボロに描くのは良い。 セカイ系の完成形なんていうと古すぎだろうか

3回目、朝接種で夜早めに寝る 夜中起きたら37.5~37.7。やや悪寒 PL入れる 寝たり起きたりを繰り返し翌朝37.2 だるさは残るが、動けないほどではない 日中、微妙に頭痛がしたり頭の回転が落ちている感じはしたが辛くはない感じ 翌日以降は回復

コングロマリットディスカウント

人間にもコングロマリットディスカウントはあるようで、なんとなく複数分野の研究者や学際系の人はそれぞれの分野の専門家より劣る気がするし、デザインもプログラミングもという人はそれぞれの分野しかできない人よりも劣る気がする。 多分本当はそんなこと…

コロナでSIRモデルが一気に注目を集めたようにウクライナ戦争では基礎的な貿易論が脚光をあびるかもしれない。 平時のデータ法則が壊れた世界では理論モデルのみが足元を照らす。 外貨が枯渇し財政が破綻しインフレが亢進するロシアがどうなるかは中南米モデ…

事業やキャリアにおけるスリップストリーム効果

ある意思決定が正しいかどうかは法律や慣習、前例と整合的かどうかではなく結果によってのみ検証される なので、learning by doingが唯一の正解になる ということが前職時代はわかっていなかった。

依頼論文も勉強の機会になるという意味では悪くない アウトプットドリブン、締め切りドリブンでしか勉強できないという問題でもあるが

エコノミストは経済学研究者ではなくて経済データや経済ドメインに詳しいドメインエキスパート

転職して治った悪癖として、部下になげるというものがある。 難題があったときに部下に投げて自分はすっきりというのは依存性のある病気だ。 進行するとフィージビリティを考えずに思いつきを部下に投げて部下を壊す。 抽象化した世界に生き続け具体の世界を…

経理法務人事広報といったバックオフィスと事業部の関係っていろいろ難しい。 事業部の方が独立してバックオフィスを持ちたがるのは会社全体のバックオフィスは共有地になってリソースの奪い合いになってしまうため、バックオフィサーたちが自衛のためにリソ…

OKR

https://www.amazon.co.jp/dp/B07B2R1ZDL ブックオフを彷徨っていたら発見した。 ちょうどOKR設定の季節なのでよかった。 OKRが組織マネジメントの道具であることはよく分かったが、非常にコストが重いのと管理主義なところが気になる。 選択と集中には、探…

upload

https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B08BYYG3SP 風邪でやる気が起きないのでアマゾンプライムを漁っていたところ良さげなドラマを発見。 なんとなくダウンサイジングや同じアマゾンプライムのウェストワールドを彷彿とさせるSF。 デトロイトビカムヒ…

またダウン。 子供の風邪おそるべし

ポスドク問題はハロワの仕事

機会があって博士人材をどうしたらいいのかというヒアリングを受けたのでそこで考えたことを書きたい。 いわゆるポスドク問題というのは、アカポスを得られずにフリーター化や挙げ句の果てに犯罪に及んでしまう人がいる現象があり、そのために博士課程の期待…

風邪というわけではないがダウン 適宜休みを取らなければならないらしい

プレゼン

久しぶりの国際学会用プレゼン。今回はスクリプト書いてから資料作り=>録画という段取り。 20minの動画でスクリプト作りに2日、そこから資料作りと録画は半日だった。やはりスクリプトから作るのが正解か。 delma.hatenablog.com