Take Your Time

仕事や研究、コンピューターとの付き合い方

クラウドでjupyterを触る時のTips

前提

バックグラウンドで動かす

  • ssh接続が結構切れるので基本バックグラウンドで動かすべし
nohup jupyter notebook > /dev/null 2>&1 & 

Elastic IPにすべし

  • EC2はデフォルトだとインスタンスを停止するたびにIPが変わる。いちいち数字を書き直すのも辛いのでElastic IPを取得すべし。

codeanywhereを使う

  • jupyterで事足りればいいがやはりIDEが使いたい時もある。そういう時はcodeanywhereというブラウザからインスタンスを触れるサービスを使うといい。
  • 設定は簡単で、ホスト名はec2-xx-xxx-xxx-xx.ap-northeast-1.compute.amazonaws.comsshに使うprivate keyを登録すれば接続できる。
  • 使ったことはないがcloud9というのもある。

Atomを使う

  • 詳細は忘れたがAtomでサーバーのコードを触れる。ただcodeanywhereのほうが結構楽

全てをコントロールして効率的にやっていくってのも無理があるかもなあ。

視野狭窄になってもうまく行くような環境を作っておけば良い

分析パイプラインを再構築する 振り返り

delma.hatenablog.com

課題点 * サーバーでやったのか、ローカルでやったのかわからなくなる。 どこかにまとめるべき? * RでやったのかPythonだったのかよくわからなくなる。 どっちかにまとめるべき?

→日誌を書いたほうが良い気がしてきた。

  • 1タスク1ノートブックにしないと見失う 続けてやりたくなってもノートを変える