swimming pig

当てもなくもがく一人の人間の日記

自分が何をしたいのか。仕事を通じて得たいものは33歳の現時点でも一番は人的投資だ。それは面倒な調整ごとも含めた経験と専門家としての知識の蓄積だろう。そしてそれを証明するのは業績でしかない。大量のアウトプットを行うことが最も重要だ。適度なプレッシャーのもとでストレッチしていくことが大事。
しかし、仕事だけで人生を終えたいという気はない。家族が一番大事だ。家族と、健康が維持された上で、仕事を頑張るというのはあるが前提が崩れている時点で継続は不可能だ。
次が、自分の評価を含めた人的ネットワークだろう。これはポジションを上げるためには不可欠だ。これは確実に失われる。ただし、必ずしも組織の中での名声が広い意味でのトップマネジメントの目にとまるというわけでもない。団塊ジュニアが大きな層として目の前にいる以上、そこを一足飛びで超える手段がなければ年功序列の組織ではキャリアの終盤まで上には立てない。そういう意味では、どこかで飛び越えることが必要だろう。それが今なのかどうかはよくわからない。少し早いような気もする。いわゆるジェネラリストの道を降りるというのも一つの大きな喪失かもしれない。日系大企業や官庁において生え抜きでなくなるということは主流派ではなくなるということだ。主流派でいることの安心感、安定感は抜群だ。そこから出ることは彼らの敵になることを意味する。それに耐えられるか。
仕事を楽しみたいという思いも強い。自分の作品を上に邪魔されずに出していくことができれば、あるいは自分の責任で自由に色んな人と議論を交わすことがどれだけ楽しいだろうか。