Take Your Time

仕事や研究、コンピューターとの付き合い方

仕事

生産的な研究のための時間割

数週間は同じタスクに集中する 1日うち3時間は割くが、だらだらやり続けない。疲れてきたら、あるいは沼にハマってきたら休憩して別のことをする。もしくは散歩する。 人に話す

工数見積もりが甘い

“1440分”とかを参考にスケジュールを細かく切っても時間内に終わらない。 - 始動が遅い。特に家だとだらける。 - 工数が予想より多い - 高い精度を求めてダラダラ続けてしまう 新しいものに取り組むときの先送りは報酬が見えづらいことによるものだろう。す…

プレゼン

プレゼンについてつらつら思ったこと。 スライドには一言目だけは書いて口頭で補足をいれるというのがよさそう。 人のを聞いてて思ったのは、スライドを出すと人はそれを読み始めるので一緒に読んであげることでお互いの視線が一緒になる。すなわち観衆と発…

分析パイプラインを再構築する 振り返り

delma.hatenablog.com 課題点 * サーバーでやったのか、ローカルでやったのかわからなくなる。 どこかにまとめるべき? * RでやったのかPythonだったのかよくわからなくなる。 どっちかにまとめるべき? →日誌を書いたほうが良い気がしてきた。 1タスク1ノー…

雑感

今週は外の人と会うことが多かった。 自分のアウトプットや考えを話すのは楽しいし情報収集にもなるが、作業が進まないのが玉に瑕。 しばらく控えてアウトプット生成に集中する。

スライドの作り方

スライドで説明することが増えたが一向にうまくならない。 今回やり方を変えてみた。 まず、原稿からつくる。喋る内容を一旦全て落とし込み、それに必要な絵を考える。 Google Docsには見出し機能があるので(表示形式→見出し)、喋る内容をチャンクに切って…

スピードを上げたい

論文生産のスピードを上げたい。 アイデアはあるしデータもある。ないのは技術と知識、時間

雑感2

グローバル変数が危険すぎる。 特にRStudioだと雑になりがちなので、実行前に必ずクリーンアップする。 3時間程度溶かしてしまった。。

雑感

これまでも散々書いているが、データ加工プロセスは細かく切ってディスクに落としておく。また、それぞれの小プロセスのvalidationをしつこくやる。 これをしないとヘンテコな結果になる。

家での作業での心構え

携帯をおやすみモードにして視界に入らない場所に stayfocused, rescuetimeをオンにする 必要なものをすべて目の前に用意 集中する

エンジンを吹かす

連休中に研究を進めようかと思ってたがとってもエンジンがかかるまで時間がかかる。 distractionがたくさんあるというのもあるけど、たっぷり寝てもだめだったり。 たっぷり寝て、 その研究への興味関心を高めて タスクを細分化してやることを明確化して 携…

始動が遅い

やりたいプロジェクトが多すぎるということもあるが、一週間のうちにプロジェクト間のスイッチを何回も行う。前そのプロジェクトをやっていた時期から時間が経つと集中が始まるのに時間がかかりすぎる。 よくあるのは、机に座ってやる気を出すために、spotif…

not to be smart but to be efficient

分析稼業はループの繰り返し。 あたりをつけて分析してそこで得られた知見をもとにまた計画を練り直してという感じ。 データが新しくなれば、手法が新しくなれば、前の知見は通用しないことが多い 結果的に無駄なぐるぐるを繰り返すことになるが、それは結果…

中途が多いと透明性が高まる

暗黙知だらけの職場だと中途が何もできないからどんどん明文化される。結果的に透明性が高くなってやりやすくなる。

人に期待しない、が正解

前職で仕事していた時に常に自分を苛立たせていたのは周りの無理解、やる気のなさだった。自分がここまでやればあとはやってくれるはずと思っていたらやってくれない。やると言っていてもやらなかったらクオリティが最低だったり。 今の職場にやる気のない人…

効率的な仕事をするためのTipsはだいたい揃っていると思う

いろんな自己啓発本、とくに「ハーバード大教授が書いた!」「論文による実証結果に基づく!」「米ベストセラー!」といった煽り文句のついたおしゃれで白基調で紀伊国屋のカウンター前に平積みにされている系は結構読んだ。 これらを全部実践すれば生産性爆…

研究分析のパイプラインを考える(振り返り1回め)

delma.hatenablog.com 書いてから2週間経ったので振り返り。 新ルール(仮) とっかかりはrmdかjupyter。 検索可能性が上がるようにproject毎にまとめる。 projectごとにレポジトリを作る 作業のおおまかな計画的なやつはreadmeを更新していく。タスク管理…

ゲームのルールを知る

転職で大変なことはゲームのルールがわからなくなることだ。 どういう行動が評価されるのか、例えば、アウトプットの質と速さと量はどのバランスが適切なのか。根回しの度合いはどの程度が適当なのか、リーダーシップは組織の協調優先なのか、パフォーマンス…

一時間法

タスクを1時間に分ける。 できなかったら自分への引き継ぎをノートに残して辞める。 1日の終わりにPDCAをする。

仕事で全力を出さない

仕事で全力を出すと疲れ切ってその後本能のままに生活してしまう。例えば、ダメだとわかっているのにスマホ持って風呂に入って無駄に時間を使ったり、もっといえば風呂に入る気もなくなったり、明日の準備を怠ったり、さらに悪いのは同居人に対する態度が悪…

転職の誘いを受けた。分野的には今よりも親和性は高いが、やり残したことが多すぎるし、自由度がなくなる気がするのでとりあえずお断り。やはりこういう時は原点に戻って考えるべきだ。

仕事の進め方

強烈なトップダウンの前の職場ではみんなで考えよう式の企画というのはほぼなかったが、今の職場では結構手ぶらで人を集めて何かを考えるという場面がある。 しっかり誰かに案を練らせてそれを叩いていく式の方法が染み付いてる自分には効率が悪いようにも見…

目標は立てなければいけないのか

目標については、立てなければならない派と立てることは害であるという派がいる。もちろん前者が圧倒的なマジョリティだが、後者は目標がそれ自体自己目的化すると報酬が目標達成にのみ発生することになってモチベーションが続かないという発想に基づいてお…

待ち時間を作らない分析

大規模なデータセットを分析していると、得てして勿体無い精神でできる限りたくさんデータを使おうとしてしまうのが人間の性である。しかし実際は簡単な分析に何ギガものデータセットは不要で、サンプル抽出して分析すれば事足りることも多い。大規模データ…

計画する時間と作業する時間を分ける

かれこれ10年以上も企画やら分析に携わってきた中で明確に自分の中ではTIPSだと言えることがある。それは表題の通り計画と作業を分けることだ。 組織で働いていると、分析を計画し指示する人と作業する人が分かれているので、計画者は作業の工数や難易度など…

雑感

今週はイベントもなく作業に没頭できた。機械学習は予測系の問題には強いが、データからなんらかのインプリケーションを引き出すには人間の力がまだ必要。世界を叙述するモデルを描いてデータとの対応関係を想像する。とても面白い。

如何に情報を回すか

組織で仕事していく上で情報をどう回すかというのはとても重要だ。前の職場では、情報の流通は各担当ごとに窓口が存在して、窓口からチームの必要な人間に一通一通ち密に宛先をわけたメールが飛んでいた。これをするためには24時間体制で適切に情報を受け渡…

計算の待ち方

昔から悩んでることとしてコンピュータの計算待ちをどう過ごすかということがある。最近特に10-20分かかる計算をよくしているので何をするか悩む。あまりにも本格的に他のタスクに取り組むとやろうとしていたことを忘れるし、ただネットサーフィンする…

雑感

転職三ヶ月が経ってから↓の本を読んだ。耳の痛い本だが読んでよかったと思える本だ。自然にやってることもあった。最初は気に入られることを最優先にしろとか、社内用語を覚えて使うとか、交流を深めよとか。 ただ、大きな成果を目指すなっていうのは、企業…

効率性を保つ

なんだか仕事術のことしか書いてない気がするが転職して軌道にのるまでは仕方ない。 突発事案とかがなく、自分のペースで仕事できる環境にある以上は効率性を追求すべきだし、維持しなければならない。 長期計画を日々確認微修正しつつ、週単位のスケジュー…