Take Your Time

仕事や研究、コンピューターとの付き合い方

その他

自分のプライオリティを確認するため、来年一年間理想的な働きをした場合の自分のキャリアレビューを書いてみようという提案。 常に白地に自分の理想像を書いてみることが大事だ、ということだろう。 https://www.ted.com/talks/laura_vanderkam_how_to_gain…

Youtubeのおすすめ機能はたまにいい仕事をする。 Drew Houston Commencement Address MIT 2013 - YouTube

反省

仕事に真面目なのはいいことだが、感情的になるのはやめよう。巨大なマイナスの感情の発露で人を動かすことは簡単だけど副作用も大きい。

誕生日

http://d.hatena.ne.jp/delma/20151107/1446908179 昨年の今日、アカデミック関係で頑張るという意気込みを見せていたようだが、なんというか職場に行くのも辛い一年であった。 一応学会発表はしたし、そこそこの成果は出した気もするが、むしろ中堅サラリー…

落ち着いて考えたいことがたくさんあるが、落ち着いて考えられる時間はつくらなければない。たいてい、自由な時間はリラックスするために費消される。落ち着いて何かを考えるときはたいてい、美容室で髪を切ってもらっているときや、ただ歩いているとき、待…

自分が何をしたいのか。仕事を通じて得たいものは33歳の現時点でも一番は人的投資だ。それは面倒な調整ごとも含めた経験と専門家としての知識の蓄積だろう。そしてそれを証明するのは業績でしかない。大量のアウトプットを行うことが最も重要だ。適度なプレ…

マネジメント

マネジメントについて考えを巡らす。少なくとも自分の下にいる人たちについて関心を持ち、理解しようとすることは大事であるということは間違いないと思う。

最近あまり忙しくないが、やや停滞気味。今の組織とは早晩おさらばすることを決めたので言いたい放題言ってやりたい放題やっている。もっとみんな好き放題やればいいと思う。

初学会

緊張したが世界的な計量経済学者に声をかけられるなど得るところの多いものだった。このサークルの中に入っていけるかもという自信と、壁が厚いなという冷静な感想が入り交じる。

時間

帰国してから(帰国する前から)時間の使い方が常に自分の中の検討課題の第一番であり続けている気がする。 脳の使い方、時間の使い方、そして体の使い方。これらは密接に繋がってる。時間をうまく使うには衝動性を抑えて計画的に動かなければならない。その…

だいぶ立ってしまったが、結婚式披露宴と新婚旅行をを終えた。 披露宴は、本当に良かった。時間をかけて準備した甲斐があった。ジャズバンドも最高にうまかったし、お客さんも喜んでくれた。ファーストバイトとかケーキ入刀とかビデオとか余興とか余計なもの…

怠けてしまう時に行くべきサイト

とりあえずChromeのStayFocusdを再導入。くだらない自己啓発本が書店に並んでいる一方で、科学的で有用な自己啓発方法が無料で公開されている。 http://www.apa.org/helpcenter/willpower.aspx アメリカ心理学会が公開するおそらく世界でもっとも信頼できる…

言い訳はしたくないが、あんまり後半戦は実りが少なかった一年だった。 勢い込んで異動した先であまりうまく行かず、研究も進まず。少しずつエンジンをかけて行きたい。

招待状を送付。切手を貼ったりなんだかんだ一日仕事になった。

わかりやすい文章

忙しいおエライさんは文章を読んで沈思黙考する時間がないのでわかり易い文章を書くように強要する事が多いが、そうして部下がこさえてきた贅肉のない文章は贅肉と一緒に課題の複雑性や重要な論点も削ぎ落ちているかもしれない。世の中はあなたがすぐに理解…

立派でないセンセイ

リッパな大学で博士号をとってリッパな大学に職を得たあとに全く論文を書かない人のことをどういう心境なのだろうと思っていたが、ある意味、リッパな大学で博士号をとってリッパな大学に職を得るまでの労力の成果として、競争を放棄して好きに生きる自由を…

誕生日

この1年は結婚して学位をとって見ようによってはfruitfulとも言えるが、一方で余裕がなくなってきたなあという感じ。 アカデミア関係で人脈が増えたのは良かったかな。今年はとにかく研究者としての業績を作らなければいけない1年だと思う。

やや燃え尽き気味かな。最近研究できてない。というかモチベーションが非常に低い。どうやってリカバリーするか…。

学位

5年の月日を費やして漸く学位取得。 とはいえ実感はない、というか荷が重い。 がんばろう、、、

調子に乗っていたが年末から今日まで風邪で倒れていた。その間里帰り、同窓会等々あったがなんとか回復。 しかし明日からまた旅行。。

一年

夏から復帰したけど、なんとか研究と仕事の両立にめどをつけられたかなと。 なんとか来年夏には学位ゲットと行きたい。 そしたら暴れまくる。

仕事もだいたいわかってきたので、研究に打ち込む比重を上げる。

職場に慣れてきてちょっとgo rogueしてる。それにしても怠けぐせ治らん

帰国後

だいぶ間が開いたがとりあえず精神状態は留学中に比べて断然いい。忙しいが、周囲と簡単にコミュニケーションをとれる環境はとても居心地がいい。

意見が言いたいなら、やりたいことがあるなら、公の場で自分の名前で発表したい。30過ぎて匿名でうだうだ書いているのはかっこ悪い。

結局二週間ほどグダグダしてしまった。帰国後の計画も含め諸々頭の整理をするのに時間が必要だったというのもあるが、さすがに日が差し迫った今これだけの浪費はきつい。 とりあえず、新作論文は教官のおメガネにかなったようで、パブリッシュへ向けて動くよ…

我ながら不安定さに呆れるが、一本仕上げた瞬間に風邪を引いて2−3日棒に振った。といっても微熱だがとにかく疲労感が半端ない。 朝6時半起きで夜までオフィスにこもる生活を2週間ほど続けていたが、ホッとすると脆い。 もう一本残っているので頑張らない…

効率的な仕事のために

研究が進まない時期を経て最近は割りと順調に毎日やっているが、いろいろ逡巡した挙句、サボってしまうのをいくら強制的に止めようとしても自分にとっては難しいと気づいた。 サボってしまうのは、やる気が無いせいで、やる気が無い中で強制的にやろうとして…

最近

最近研究に集中できるようになった。これは単に時間が迫っているからなのか、気候のせいか、それとも知識が身についてきたからなのか、環境に慣れてきたからなのか、よくわからないが、自分の中の研究イヤイヤ病が消えた感じがする。 もしかしたら少しだけ研…

procrastination

最近先送りを克服したようだ。ひたすら研究していてもそれほどつらくない。 やはり2年ほど研究と格闘したせいなのか。単にそろそろ帰国時期が迫っているからなのか。 こういう状況だと、とりあえずやろうとかそういうことを考えなくてもとにかく本能のまま研…